業務用エアコンの掃除の仕方

query_builder 2024/05/09 エアコンクリーニング
業務用エアコンの掃除は、快適な室内環境を維持するために非常に重要です。エアコン内部にたまったホコリやカビは空調効率を低下させ、健康被害を引き起こす恐れもあります。この記事では、業務用エアコンの掃除方法を紹介します。まずは必要な道具と準備を整え、フィルターの掃除から始めましょう。その後、室内ユニットの掃除手順を丁寧に行い、最後にアフターケアと定期メンテナンスの重要性についても触れます。しっかりと手入れをすることで、エアコンの効率が向上し、快適な空間を保つことができます。
エアコンパートナーズ
ロゴ
快適な空間を作るエアコンクリーニングのサービスを提供しています。エアコンの内部までしっかりとクリーニングいたします。家庭用だけでなく、埋め込み式やお掃除機能付きタイプにも新宿にて対応しております。
エアコンパートナーズ
住所:

〒160-0023

東京都新宿区西新宿6丁目12-16

天空MURA307

電話番号:
090-2248-9538

掃除の重要性

エアコンは使用することで空気中のホコリや菌などを吸い込み、フィルターなどでそれらを捕らえています。しかし、定期的なクリーニングを怠ってしまうと、フィルターが詰まりやすくなり、空気中の汚れをしっかり取り除くことができなくなります。

また、汚れた状態のエアコンはどんどん効率が悪くなり、冷暖房効果も落ちてしまいます。つまり、電気代がかかる割には快適な空調を保てなくなってしまうのです。

さらに、汚れたエアコンは健康被害を引き起こす恐れもあります。ホコリやカビが繁殖しやすい環境を作ってしまうと、それらの微粒子が室内に撒き散らされる可能性があります。特にアレルギーを持っている人や小さな子ども、お年寄りなどは健康リスクが高まることもあるので注意が必要です。

以上のように、エアコンの掃除はエアコン自体の効率や寿命を保つだけでなく、室内の空気質や健康面にも大きな影響を及ぼします。定期的なクリーニングを怠らず、専門業者に依頼することで、快適で安全な空調環境を保つことができます。

必要な道具と準備

エアコンを清掃するためには、まずは必要な道具を揃えることが大切です。主な道具としては、エアコンクリーナーやブラシ、マスク、手袋、拭き取り用の布などが挙げられます。これらの道具を準備しておくことで、作業がスムーズに進行します。

次に、作業を行う前に必要な準備を整えましょう。まずはエアコンの電源を切っておくことが大切です。電源を切ってから作業を始めることで、事故やトラブルを防ぐことができます。また、作業中に洗剤や水がこぼれることを考えて、周囲をしっかりとカバーするなどして準備を行いましょう。

掃除を行う際には、作業中にエアコンが汚れていることを確認しながら、隅々までしっかりと清掃することが重要です。クリーニング剤を使う場合は、取扱い説明書をよく読んで正しく使用することも忘れずに。作業が終わったら、エアコンのフィルターや排水口も忘れずに清掃して、清潔な状態で使用するようにしましょう。業務用エアコンの掃除は、定期的なメンテナンスとして行うことで、エアコンの寿命を延ばし、清潔な環境を保つことができます。

フィルターの掃除方法

業務用エアコンの掃除は定期的に行うことでエアコンの効率を保ち、清潔な空気を提供するために重要です。特に、フィルターの掃除は特に重要な作業です。

まずは、フィルターを外します。エアコンのフィルターは空気中のホコリや汚れを取り除く役割がありますが、それらが溜まると空気の流れを妨げ、エアコンの効率が低下してしまいます。フィルターを取り外す際には、エアコンの取扱い説明書を確認し、正しい方法で外してください。

取り外したフィルターは水洗いが基本です。やさしい水流でフィルターの表面のホコリや汚れを洗い流します。洗剤を使用しても構いませんが、必ずよくすすいでから乾かしてください。水をしっかり切ることが重要です。

乾かしたフィルターを元の位置にセットします。きれいに掃除したフィルターを取り付けることで、空気の流れがスムーズになり、エアコンの効率が向上します。また、フィルターがきちんと取り付けられているか確認しましょう。

フィルターの掃除はエアコンの性能や寿命を保つために欠かせない作業です。定期的に行うことで清潔な空気を提供し、快適な環境を保つことができます。

室内ユニットの掃除手順

まずはじめに、室内ユニットのフィルターを取り外します。フィルターはエアコン内の埃や汚れを取り除く重要な役割を果たしています。フィルターを取り外したら、水で洗い流して優しく固く絞ります。次に、フィルターが完全に乾いたら、元の位置に戻します。

次に、室内ユニットのベントカバーを外します。ベントカバーも埃や汚れがたまりやすい場所なので、毎回の掃除が欠かせません。ベントカバーを取り外したら、ほこりや汚れをブラシや布で丁寧に取り除きます。

最後に、室内ユニットのユニット本体を掃除します。ユニット本体も汚れがたまりやすい部分なので、定期的に掃除をすることが大切です。ユニット本体は専用のクリーナーや中性洗剤を使用して、汚れをきれいに落とします。掃除が終わったら、すべてのパーツを元の位置に戻し、エアコンを稼働させる前にしっかり乾かしてください。これらの手順を定期的に行うことで、エアコンの性能を維持し、清潔な空気を室内に供給することができます。

アフターケアと定期メンテナンス

アフターケアと定期メンテナンスは、エアコンの効率や寿命を保つために非常に重要です。エアコンをきれいに掃除しても、その後の管理が適切でなければ効果が半減してしまうこともあります。

アフターケアとしては、定期的なフィルターの清掃や交換が必要です。フィルターが詰まると空気の循環が悪くなり、エアコンの性能が低下します。また、内部のホコリや汚れも定期的に取り除くことで、清潔な状態を保つことができます。

定期メンテナンスは、専門の業者に依頼することが一般的です。定期的にエアコンの点検や清掃を行うことで、故障やトラブルを未然に防ぐことができます。また、定期メンテナンスを行うことで、エアコンの寿命を延ばすこともできます。

業務用エアコンは使用頻度が高いため、定期メンテナンスは特に重要です。故障や停止してしまうと、業務に支障をきたすことも考えられるため、定期的な点検や清掃を怠らないようにしましょう。

アフターケアと定期メンテナンスをしっかりと行うことで、業務用エアコンの性能を維持し、快適な環境を保つことができます。しっかりと手入れをして、エアコンを長く安心して使い続けるためにも、定期的な管理を心がけてください。


代表 石濱力人

エアコンパートナーズ
ロゴ
快適な空間を作るエアコンクリーニングのサービスを提供しています。エアコンの内部までしっかりとクリーニングいたします。家庭用だけでなく、埋め込み式やお掃除機能付きタイプにも新宿にて対応しております。
エアコンパートナーズ

〒160-0023

東京都新宿区西新宿6丁目12-16

天空MURA307